造花・アートフラワーショップ
アートフラワー・造花

■ご利用ガイド ■ご注文から決済まで ■FAX注文はこちら ■通販法に基づく表記 ■お問い合わせ

花の歳時記 バックナンバー集(2003年1〜12月)

2003年に紹介した「花の歳時記」の記録です。
続けて見ると季節の変化がよくおわかりのことと思います。

葉牡丹の季節です(2003年12月)
 

★12月、間もなくお正月、お正月にはなくてはならない葉牡丹を紹介します。12月2日現在、間もなく出荷される畠の葉牡丹を紹介いたします。
 ★まず葉牡丹畠の写真から、白、赤交互に織りなすじゅうたんのようです              
                
★赤一色の葉牡丹畠
★白と赤が交互に植えられています
 
★変わって秋の赤と黄色の林風景
★赤の葉牡丹
★白の葉牡丹
★茎の長い葉牡丹
 
★いかがでしたか、間もなく皆様のご家庭に届けられる前の葉牡丹風景でした。


華麗なるバラの競演です(2003年11月)
 

★大阪府茨木市のバラ園で撮影したものです。すばらしい秋空に恵まれ、バラの花も輝いて咲き誇っていました。
              
                
★真っ赤なまるでビロードの生地で出来たようなバラです
★何とも言えないピンクのぼかし入り
 
★黄色とオレンジいろがミックスされたバラ
★まったくの黄色
★昆虫も甘い蜜を求めて
★青空に映えるバラ
★このようにマンダラの色のバラ
★オフホワイトのバラも綺麗です

奇妙な木の花見つけました。(2003年10月)
 

★珍しい花というより実かな?
           ★フウセンカズラ   
                               
★次にこれは名前がわからないのですが、奇妙な木の花です
 
これは花を拡大した写真です、蟻とかぶんぶんなどが花の蜜にたくさん集まっています
   
 ★これはタチアオイ、きれいなピンク色をしています  

アスターが色鮮やかです(2003年9月)
 

★アスターの花、近所の畠で栽培していました。当地は市場に出荷するために栽培している農家もあります。見ていますと「ひまわり」などは出荷の時期をずらすようにして栽培しています。つまり、先月刈り取っていたなあと思っているとまた、今月出荷すると言う具合です。

           ★アスターの赤   
                               
★アスターの紫色
★がまの穂
 
★ほおずき

ノウゼンカツラ 今を盛りに咲いています(2003年8月)
 

★ノウゼンカツラ
今を盛りに咲いています。

★ロニセラ
 この花は妻が友達に苗を貰ってきて育てたのがやっと咲きました
★プットレア
 
★タチアオイ
★グラジオラス  艶やかな咲きっぷり

紫陽花の競演にうっとりしました。(2003年7月)
 

 6月と言えばやはり紫陽花の花に代表されます。
 この紫陽花にも多くの色があります。
それをお目にかけます。



★まずは入り口です


   

いかがでしたか、紫陽花を満喫して頂けたでしょうか

春爛漫!浮世を忘れるひとときでした。(2003年6月)
 
 今月はバラのシーズン、花の王者といいたいような豪華さと色の種類が豊富です。アートフラワー(造花)のほうも種類とカラーがたくさんあります。

アートフラワー(造花)のアレンジをする時バラは欠かせません、今月はその本物が咲いてくれるのですから、ワクワクしながら観賞しています。

★まずは入り口です
 バラの乱舞、つぼみあり、7分咲きあり、そして満開すばらしいシーンです
★オレンジピンク、なんとも言えない色調
★白のバラ
   
★ローズ色バラの名前が色になりました
★青味のピンク
   
★赤にほんのりピンク
★白にほんのりとピンク色が
いかがでしたか、バラを満喫して頂けたでしょうか

春爛漫!浮世を忘れるひとときでした。(2003年5月)
 今回は大阪服部緑地公園へ行ってきました、群生する花の集団が美しく、花の香りもただよってきます。
 しばらくは浮世を忘れて、花と緑のオゾンを吸っていると長生きできそうです。なかにはシートを敷いて寝転んでいる人もあり、まさにパラダイス、佳境に遊ぶ感じです。

★まずは入り口です
 
★花のじゅうたん、整然と並んで
植えられて、眼を楽しませます
★花の階段中央に滝の
ように水が流れています
   
★こちらもきれいに植え込んだ花壇
★キンポウゲの鮮やかな黄色
   
★これも鮮やかなベコニア
 

やっぱり春! この気持ちの良い美しさ (2003年4月)
 今、百花繚乱と言う言葉がピッタリする季節です。赤、黄、白素晴らしい色のコントラスト、一斉に花が咲き始めました。

★桜が満開です

 「さいたさいた桜がさいた」ツモ爺が小学1年生ではじめて習った国語の第1ページの言葉でした。他の木々はまだ眠っているのに桜はいち早く春を感じる能力があるのでしょうか?
 
★もくれんの赤もう2〜3日で満開になるでしょう
★もくれんの白こちらは満開です
   
★ムスカリ紫色が輝いています
★れんぎょうこちらは黄色
   
★赤、黄、白が織りなす遠景
★赤の代表が梅
   
 
★白はなんといっても雪柳ですね
 

春を感じてきました(2003年3月)
 春が待ち遠しい今日この頃です。
梅が満開です

 他の木々はまだ眠っているのに梅は早く春を感じて花を咲かせるのでしょうか?

 次は「まんさく」です。名前が気に入りました、なにしろ豊年満作という縁起のいい名前ですものね。今年も豊年満作でありますように、農水省は困るかな!





 次は「トサミズキ」です

 みずきの種類のなかでも早く花を咲かせるようです。でも日あたりの悪いところではまだ花を咲かせていません。
 環境の良し悪しを如実に見せつけられました。

 最後にお色気のある花をお目にかけましょう。
 名前は「スッチオーズ・カルセール」
 とても美しいピンク色、撮影は大阪、服部緑地の植物園で温室の中です。

寒さに追いやられて「咲くやこの花館」へ(2003年2月)
 1月厳寒のこの時期、生花の写真を撮る事は大変難しい。蝋梅などは咲いているが去年の歳時記で出しているし、困って、いつものように大阪市鶴見区の「咲くやこの花館」に駆けつけて、撮ってきました。

 前回にも申しましたように、館内は適当な湿度と気温が保たれていて、こんなに心地のいいところは無いと思う次第です。

 なにしろ、外はこの冬一番の寒さで、大阪も最高気温が4度、しかも風は14メートルという悪天候でした。外は寒風が吹きすさぶこの頃、例によって「咲くやこの花館」の熱帯植物の植えられた館の中は適当な暖かさと湿度で冬のパラダイスでした。



エゾ・スカシユリ

 ご覧の通りオレンジの濃い色で妖艶なたたずまいです。


バウヒニア・ブレイケアナ

 この花も一厘咲きで際立った美しさ。さしずめ、歌手の藤あや子といったところでしょうか。


次なる花は、アフエランド・シンクレリアナ 

 舌を噛みそうな名前がついていました。でも、花とも実ともつかない風情です。



オクナ・セルラタ

 とても美味しそうな果実に見えますね。実際はそんなに大きくないんです。


最後にカトレアです

 すこし、毒々しいような色、カトレアも種類がたくさんあることを教えてくれました。


色鮮やかな熱帯植物の競演をご覧ください(2003年1月)
 外は寒風が吹きすさぶこの頃、例によって「咲くやこの花館」(大阪市鶴見区)の熱帯植物の植えられた館の中は適当な暖かさと湿度で冬のパラダイスでした。


幻想的な
カリアンドラ・トウイーデー

舌を噛みそうな名前でした


サクラソウの仲間

一輪だけをピックアップしてみました


ストレッチアー

この花は形状からも特徴があります


ラン科のパンダという名前がついていました


同じくラン科の花、妖しい紫


コチョウランが群生しています

冬のさなかに、こんなに繚乱する花たち


★花の歳時記2009年バックナンバーへ
★花の歳時記2008年バックナンバーへ
★花の歳時記2007年バックナンバーへ
★花の歳時記2006年バックナンバーへ
★花の歳時記2005年バックナンバーへ
★花の歳時記2004年バックナンバーへ
★花の歳時記2002年バックナンバーへ
★花の歳時記2001年バックナンバーへ


ホームページ制作 大阪 by UC